東北学院大学:音楽への招待『時代の音』〜レクチャーコンサート・シリーズ【全3回】

東北学院大学 時代の音

第1回公演:危機のさなかで~聖書と語り合った音楽家たち~ ハインリヒ・シュッツとヨハネス・ブラームス

本講座ではシュッツ、ブラームス、ヘルツォーゲンベルクという
3人の作曲家を取り上げ、彼らがそれぞれの時代の危機的状況や
個人の苦悩のうちにあって聖書に向かい、
その一言一言をどのような音に託したのかを探ります。

加えてこの3人の、この世での不思議な結ばれ方をお伝えし、
彼らの生き方と彼らの作品が放つ光と力がどこからやってきたのか、
その根源に思いを馳せたいと願っています。

第1回公演

講演
危機のさなかで 〜聖書と語り合った音楽家たち〜
ハインリヒ・シュッツとヨハネス・ブラームス
日時
2021.12.19(水) 14:30開場 15:00開演
会場
ラーハウザー記念東北学院礼拝堂(土樋キャンパス)
出演
〈講師〉淡野 弓子
〈ソプラノ〉大塚 恵美子
〈アルト〉柴田 圭子
〈テノール〉淡野 太郎
〈バス〉中川 郁太郎
〈オルガン〉今井 奈緒子
曲目
〈シュッツ〉
「言葉は肉となり」「天よ、露を滴らせよ」「ダビデの子ヨセフよ」「いざ来ませ、異邦人の救い主」(二、三、四重唱/オルガン)
〈ブラームス〉
「おお救い主よ、天を引き裂いて」より(四重唱 ア・カペラ)
〈ブラームス〉
《11のコラール前奏曲》より
「おお世よ、われ汝に別れを告げん」「われ心より喜ばん」「一輪のバラ咲き初め」(先唱/オルガン独奏)
〈シュッツ〉
「一人の嬰児がわれらに」(四重唱とオルガン)

詳細を見る

第2回公演

日時
2022.1.23(日) 14:30開場 15:00開演

第3回公演

日時
2022.3.13(日) 15:00開場 15:30開演

お問い合わせ

東北学院大学 政策支援IR課
TEL 022-264-6424(平日10:00〜17:00)
主催
東北学院大学/河北新報社

[←]東北学院大学トップへ  [↑]このページのトップへ