東北学院大学

教養学部 地域構想学科

特徴的な学び

フィールドワークで貴重な学びを

各教員が3年次科目として開講している専門領域の演習では、4年次の総合研究に向けて、研究手法を実践的に学びます。それはゼミの仲間と地域に目を向ける楽しい時間であると同時に、研究の厳しさを目の当たりする時間かもしれません。しかし、それでこそ課題に立ち向かう確かな力を養うことができるはずです。

遠藤ゼミの演習では、地理学や周辺分野の理論的な学びとともに、学生自らフィールドに向けて動くことを重視しています。目的地の選定から学生が行うことで、興味のある地域に飛び出すまでの過程やその結果によって地域への好奇心をさらに高めてくれることを期待しています。

学生から

ゼミでは地域の食文化や伝統について学んでいます。夏休みにはゼミでインドネシアへ行ったり、先生に勧められて奈良で開催された国際交流のプログラムに参加したり、他の地域の人たちと交流する中でそれぞれの文化の奥深さを肌で知ることができました。

地域構想学科3年 
土倉 菜摘さん(秋田県/由利高等学校出身)

教員から

地域構想学科では、教員それぞれの専門領域を活かして、学生とともに地域の課題に取り組んでいます。対象は東北から海外まで広い範囲に及びます。あなたの「社会や地域に何か役立つ人になりたい」という思いを実現する視点やスキルを一緒に磨いてみませんか?

地域構想学科 
遠藤 尚 准教授