東北学院大学

教養学部 情報科学科

情報科学科での私、そして未来

システムエンジニアとして、
ITサービス作りに
携わりたい。

情報科学科 4年
小野寺 そらさん

宮城県
仙台東高等学校出身

内定先/株式会社アイエンター

価値のあるゲームを作りたい

昔からゲームが好きで、父の影響もあってパソコンには小学生の頃から親しんでいたこともあり、進路を選ぶときも「ゲームを作りたい」という思いでいました。

1・2年次にC言語やJAVAなどプログラミングの基礎を学び、3年次のゼミでは実際に自分でプログラムを書いてアプリを開発しました。それまでは、ただ作りたいゲームをただ作ればいいと考えていたのですが、実際作る段階になってみると考えなければならないことはたくさん。例えば、課題として提示されたゲームにオリジナルの機能をつけるとしたらどんなものがあるのかを考えたとき、「キャラクターを可愛くする」「エフェクトを変えてみる」といった提案をする前に、「なぜ、それをしなければならないのか」を明確に理由付けしなければなりません。誰のためのゲームで、そのゲームを通してどんな価値を与えられるのか。それが、価値あるゲーム作りにつながるのだということに気付かされました。

仲間と一緒にITコンテストに参加

ITコンテスト「ダテアップス」での様子。コンテストでの経験が自信につながっている。

大学選びでは両親や高校の先生に手を引かれ、授業選びでは先輩からの助言を頼りにしてきた私ですが、「ゲームを作りたい」という思いで自分の意思で選んだゼミでは、将来につながる経験を積むことができたと思っています。

 特に、毎年仙台市内で開催されている東北地方の学生を対象としたITコンテスト「ダテアップス」では、ゼミの仲間たちと一緒にITサービスを企画・製作し、どのように販売していくかというところまで実践的に考えました。結果は芳しいものではありませんでしたが、実際のITサービス開発さながらの企画を、チームの仲間たちと作り上げていく楽しさややりがいは、今後アプリ開発のシステムエンジニアとして活躍していく上でも力になってくると思います。

私のできごと

  1. 小学生の頃からゲームやコンピュータが好きだったため、「ゲームを作りたい!」と思うようになった。

  2. 大学選びでは両親や高校の先生に相談。「興味があるならやってみたらいい」という言葉に背中を押された。

  3. 自らの意思でゼミを選択。アプリ開発では、誰のため、何のためのアプリなのかを考えるように。

  4. 卒業後はアプリ開発のシステムエンジニアとして、価値あるITサービス作りに携わりたい。

※2020年当時の内容です