東北学院大学

文学部 英文学科

英文学科での私、そして未来

目標を見据えた
活動を通して、
理想の自分へ。

英文学科 4年
阿部 すみれさん

宮城県
東北学院榴ケ岡高等学校出身

英語の楽しさを子どもたちに伝える

「小学校外国語ヴォランティア」の様子。子どもたちに英語を教えることの難しさ、楽しさを知った。

中学生のときに「英語を話せたらかっこいいかも!」という気持ちから英語に興味を持ちはじめました。そして日本語にはないニュアンスやリズムにおもしろさを感じるようになり、将来は中学校の英語教師になりたいと考え、教員資格が取得できる英文学科を選択しました。

私は大学と仙台市教育委員会が連携して行っている「小学校外国語ヴォランティア」に1年次から参加しています。このプログラムは小学校に出向いてアクティビティや歌などを通して英語でコミュニケーションを取る楽しさを子どもたちに伝え、興味を高める活動です。授業に向けてパネル教材を工夫したり、一緒に参加してもらう留学生に連絡を取ったり、それだけでもとても忙しかったので先生方の大変さが身に染みて分かりました。ただ子どもたちが興味を持って楽しそうに学んでいるのを見ると、それまでの疲れがなくなるぐらいうれしくなります。授業を見ていただいた先生からの具体的なフィードバックは教壇に立っている立場ならではの意見で参考になりますし、小中高が連携して英語教育を展開していく上で、この経験が大いに役立つと感じています。

生徒一人ひとりに寄り添う英語教師に

ゼミでは第二言語習得について研究しており、外国語を習得するプロセスや教授法などを学んでいます。また英語に関する論文を読み、実験・研究を行い、その結果を分析することも多く、課題解決を図る力や読解力、プレゼンテーション能力も高まったと感じています。

私の理想は、これまで自分に接してくれた先生方のように、英語の楽しさを伝えることはもちろん、いじめや不登校など子どもが抱える問題に真摯に取り組み、精神的にも寄り添える教師になることです。この気持ちと生徒目線でものごとを考えることを忘れず、教師でありながら学んでいく姿勢を大切にしていきたいと思っています。

私のできごと

  1. 中学生の頃、英語に興味を持ち、日本語にはないニュアンスやリズムにおもしろさを感じる。

  2. 英語の楽しさを教えてくれた先生のように「自分も英語教師になりたい!」と思うように。

  3. ゼミでは英語教授法のさまざまなアプローチを実験・研究。ボランティアで実際の教育現場を体感。

  4. 「生徒目線で英語の楽しさを伝えたい」「精神的な面でも寄り添える教師に」理想の英語教師をめざして活動中。

※2019年当時の内容です