東北学院大学

文学部 教育学科

特徴的な学び

実践的な学びで次世代の教育者を育む

本学科では、教育学、児童教育、英語教育、異文化理解教育、教職実践など、幅広く教育に関わる学問について学ぶことができます。特に英語教育については充実したカリキュラムが用意されており、小学校の教員免許だけでなく、中学校および高等学校の英語の教員免許を取得することができます。2020年4月より、小学校では3年生から外国語活動が始まり、5・6年生は英語を教科として学んでいます。「初等教科教育法(英語)」の授業では、発達上、中高生と比べてまだ幼い児童に対してどのように外国語を教えていくのか、学びを深めていきます。また、実際に小学校で行われている英語の授業実践を体験しながら、模擬授業を通して実践的指導力を高めていきます。

教員から

教育学科 
清水 遥 准教授

本学科では3種類の教員免許が取得できるので、教師という職業に興味はあっても、小中高のうちどの学校の先生になりたいかはまだ具体的には分からない、これから決めていきたいという人でも安心して学ぶことができます。

小学校の教員になりたい人は、幅広い科目を児童に教えるための指導法や学級担任としての学級運営について学ぶことができます。また、中学校、高等学校の英語の先生になりたい人は、英語力を高めながら、第二言語習得に基づく外国語教授法を学ぶことができます。小中高の円滑な学びの接続はとても大切なことです。本学科で学ぶことで、小学校、中学校、高等学校の特性を理解し、誰に教えるのか、何のために教えるのかといった対象や目的によって指導法やアプローチを変えることのできる柔軟な力が身に付きます。カリキュラムには海外研修やインターンシップも用意されています。そのような機会を利用しながら、教職以外の進路を選択することもできます。

学生から

教育学科3年 
佐藤 礼佳さん(岩手県/黒沢尻北高等学校出身)

中学校の校長先生が、英語を教えてくれたり、勉強について相談に乗ってくれるような方でした。「英語を教えられる先生になりたい」と思うようになったのも校長先生への憧れが一番です。2020年度から小学校では英語が教科化されましたが、そんな小学生たちに英語のおもしろさを伝えられたらと思っています。「初等教科教育法(英語)」の授業は小学校教員免許の必修科目ですが、小学生に英語をどのように教えたらいいのかを学ぶ、私にぴったりの授業でした。中学や高校英語では文法の成り立ちや仕組みについて学んできましたが、小学校ではむしろコミュニケーションを重視する教え方になるので、その点で違いを感じましたね。教育実習では授業で培ったノウハウを存分に発揮したいと思っています。私がかつてお世話になった校長先生のように、児童・生徒一人ひとりに気を配り、勉強に悩んでいる子には親身になって対応できることが、私の理想の先生像です。

※2020年当時の内容です