東北学院大学

法学部 法律学科

特徴的な学び

倒産という困難を法律で救済する

企業や個人の「倒産」という状況に対し、法はどのような手当てを用意しているのでしょうか。新型コロナウイルス蔓延にともなう経済の停滞により「倒産」をめぐるニュースが後を絶ちません。その「倒産」を処理するためのルールを定めるのが、破産法や民事再生法などの「倒産法」です。多くの利害関係者を巻き込む倒産。それ自体は不幸な現象ですが、これを適切に処理することは、利害関係者の未来のために必要不可欠です。特に、個人が倒産処理を行うことは、払えなくなった借金を清算しつつ、新たな経済生活をスタートできるようサポートすることにつながります。実はポジティブな側面こそ重要ともいえる、倒産法の姿を学びます。

教員から

法律学科 
玉井 裕貴 准教授

皆さんは「法律」にどんなイメージを持っていますか? 公民で学ぶ憲法や刑法の印象が強く、自分とはあまり関係のない世界に感じられるかもしれません。しかし、実は、すでに皆さんは、物を買ったり借りたりという日常生活のあらゆる場面で、法律と関わっています。目には見えないかたちで法は関係しているのです。個人や企業など、一般人同士の権利・義務をめぐる法を総称して「民事法」といいますが、これの重要性は、社会生活を送る上で、今後ますます高まっていきます。 私は、その民事法の中でも「倒産法」を専門としています。倒産法は、企業や個人が倒産したときに、どのように財産関係を処理していくかを定めた法律群です。倒産という現象は「お金をめぐる法律問題」を一挙に顕在化させます。自分は倒産しなくとも、取引相手が倒産したり、身近な人や店が倒産したり…。そんなときに法はどのような手当を用意しているのかを学ぶことは、一人ひとりが賢く経済生活を営んでいくためにも、重要だといえるでしょう。

学生から

法律学科2年 
伊東 裕衣香さん(宮城県/東北高等学校出身)

玉井先生のゼミでは、1年次にはあるケースについて、賛成か反対かの2 チ ー ム に分かれて法的な見解から議論するディスカッションに取り組み、2年次には実際のニュースをテーマに、資料を作成して発表や議論をする課題に取り組んでいます。もともと、私は人前に出ることが苦手で、当初は発表などが上手くできませんでしたが、現在ではプレゼンテーションにも自信が付き、意見をしっかり伝えられるようになりました。今後もこの機会を活かして、自身の強みにつなげたいと思っています。さらに資料集めや要点の整理などをチームとして行うことで、コミュニケーションの重要性を学びました。私は将来、イベントの企画や運営をする仕事に就きたいと考えており、目標に向けて大勢の人を動かす際に、この経験が役立てられると感じています。法律は意外と生活に身近なもので、日々さまざまな発見があります。皆、大学で一から学ぶので、今は知識がなくても大丈夫です。興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

※2020年当時の内容です