東北学院大学

工学部 機械知能工学科

特徴的な学び

理論と実践により機械を理解し創造する

本学科では学年進行に応じて、数学などを含む機械の基礎から機械の根幹たる理論、自動車など具体的な機械に直結する応用科目まで、工作・設計製図・各種専門の実験・卒業研究などの実践を含めて学ぶことができます。ただし、順序通りでは「ロボットをつくりたい」と思って入学してもしばらくお預け。そこで裏技的に1年生のときからロボットを開発できる特別コースが存在しています。課外活動団体「ロボット研究会」として活動するこのコースでは、ロボットの実験室で卒業研究と同じ機材類や技術を使っています。自ら手を動かして、ものをつくることに関心のある学生さんが、理論と両輪である実践を早い段階から経験できる機会となっています。

教員から

機械知能工学科 
熊谷 正朗 教授

機械とは動く部分のある道具です。生み出すことにも、製造にも、使い・維持することにも、現実の実体とつながりがあります。また、工「学」の教育は「なぜそうなるか」という説明と、そこに至る過程・考えの筋道を大事にします。それにより、ものに関わるときに「たぶん」ではなく「計算上大丈夫」といえる確かさを与え、既存の知識手法を順次組み合わせることで新しいものに到達する手順を身に付けます。

これまで機械の専門に触れてこなかったという方は実体験を含めて一から積み上げることができます。工業高校などで実践技術を学んだ方はその経験を活かしつつ、なぜそうなるのかという原理を身に付けて、より高度な実践にランクアップします。また、現在の機械は前ページの科目一覧にもあるように専門分野が広く、これまでの学び、経験、関心などは何らかのかたちで活きてきます。皆さんの機械への関心が、4年間の学びを通じて専門家への道につながっていくと思います。

学生から

機械知能工学科3年 
兼平 晴登さん(岩手県/不来方高等学校出身)

昔からロボットアニメが好きで、ロボット製作にも興味がありました。「ロボット研究会」に入ろうと思ったのは、ロボット作りの機会を増やせるところに惹かれたからです。大学祭や学外のロボットコンテストに向けて製作チームをつくり、それぞれ役割を決めて作り上げる楽しさはありますね。最初は何から手を付けていいのか分からず苦戦しましたが、仲間たちと一緒に考えたり、先輩からアドバイスをいただいたりしながら作ることができるところに魅力を感じています。自作のロボットはエラーが多いので、その原因を突き止めてプログラムを修正し、正しく動作させることができたときは、ロボット作りのおもしろさを実感しました。将来についてはまだ模索中ですが、産業ロボットの開発・製造など、研究会での実践を通して身に付けた知識・技術を活かせる職業を考えています。

※2020年当時の内容です