東北学院大学

工学部 情報基盤工学科

特徴的な学び

情報通信技術の発展に貢献

私たちの生活に欠かせない社会基盤となった情報通信技術は、日々急速な発展を続けており、これからの世界を大きく変えていきます。そのような状況の中、最先端の情報通信技術に対応できる人材が、幅広い分野で求められています。

本学科では、数学の基礎から人工知能、ビッグデータ解析、IoT、通信ネットワーク、情報セキュリティなどの最先端技術を、実践的なプログラム開発を通して学べるカリキュラムと、それを支えるアクティブラーニング室などの万全の教育環境によって、情報通信技術の未来を切り拓くことのできる技術者の育成をめざしています。

学生から

ゲームをつくりたいという夢があって志望しました。今はコンピュータグラフィックを中心に学んでいます。プログラミングの知識や暗号化のしくみに関する知識など、情報通信技術の基礎を総合的に学べるのは、この学科ならではといえます。

情報基盤工学科3年 
菊池 青空さん(宮城県/仙台第三高等学校出身)

教員から

本学科では、情報セキュリティ、データサイエンス、通信ネットワークなど、多くの実習・演習を通して、情報社会を支える多くの基盤技術を学ぶことができます。実務経験豊富な教授陣が実践的で充実した講義を準備し、皆さんをお待ちしています。

情報基盤工学科 
神永 正博 教授