東北学院大学

工学部 電気電子工学科・電気情報工学科

特徴的な学び

電気的テクノロジーの最先端に

本学科は、現代社会におけるさまざまな領域に対応した3つの専門分野で構成され、互いに融合して未来に通ずる学問を学ぶことができます。電力制御系では、電気エネルギーがもたらす可能性について、制御技術やエネルギー変換技術などに関する学問を学びます。情報通信系では、高度情報化社会を支える4種のIT基盤技術(変換、処理、伝送、交換)に関する学問を学びます。電子材料系では、社会インフラを支える高機能電子デバイスや、新しい電子材料に関する学問を学びます。3年次にはジュニアセミナーという科目で、研究準備とともに実質的に研究室に配属され、いち早く本格的な研究活動を開始することができる独創的なカリキュラム構成になっています。

教員から

電気電子工学科 
佐藤 文博 教授

電気電子工学科では、現代社会におけるさまざまな電気的テクノロジーについて、最先端の知識と技術を学ぶことができます。皆さんの身の回りにある生活必需品のほとんどが電気機器で満たされていると思います。スマホをはじめとしてパソコンやテレビなどの情報通信機器や家電などの衣食住に関するもの、病院における医療機器、また自動車も電気機器の塊です。さらには電気自動車、電車や新幹線、そして電力そのものを発生させる発電所や送配電システムなど、身の回り全てのものが電気機器であると言っても過言ではありません。これら電気機器はさまざまな材料やデバイス、制御技術の融合で成立しており、本学科ではこれらの広範囲な電気的技術領域を3つの専門分野でカバーすることで、より深い先端技術を学ぶことができるようになっています。これまでには知り得なかった電気的テクノロジーを学び、そして研究活動を通して、その先にある最先端の発見を皆さんと一緒に探求したいと思います。

学生から

電気電子工学科3年 
太田 遥さん(宮城県/古川高等学校出身)

必修科目である「電磁気学Ⅰ」と選択必修の「電気電子基礎計測」は、どちらも基礎的な内容の講義ですが、電気に関わる知識を体系的に学ぶことができ、卒業研究で扱う材料工学の課題において重要な柱となっています。本学科には、工業高校で実質的な知識を習得済みの学生と、私のように普通科卒で一から学び始めた学生の両方が在籍していますが、そのどちらにとっても、より高度な学びへ発展していくための基本概念や理論をしっかりと習得することができます。また、座学と演習を繰り返すことによるフィードバックの大切さを知り、分からないことをそのままにせず、自分の理解が高まるまで質問したり復習したりする姿勢も、この2つの講義を受けたことで身に付いたと感じています。卒業後は、人とのコミュニケーションを得意とする自分の性格に合った営業職を希望しており、この学科で高めた知識を企画やプレゼンテーションで活かせればと考えています。

※2020年当時の内容です