東北学院大学

工学部 環境建設工学科

特徴的な学び

社会基盤を整備する知識とスキルを学ぶ

環境建設工学科は、環境、土木、建築の3つの分野を柱としており、専門性の高い技術者を育成するため、2年生からコース制によるカリキュラムを導入しています。

環境土木コースでは、地域ニーズに応える先進的な土木施設や大型構造物の計画・設計から施工管理までの能力・技術を身に付けます。また、都市が抱える環境問題の「解決の糸口」を発見する力を高め、環境と土木の両分野で活躍できるエンジニアをめざします。

建築コースでは、設計や設備、材料などの専門知識を活用し、安全で高機能・高効率、かつ魅力的な空間及び建築物を造る人材を育成します。現代のさまざまな建築ニーズに対応する多角的な学習カリキュラムを組み、学生個々人がめざす専門性を確実に高めます。

教員から

環境建設工学科 
李 相勲 教授

環境・土木・建築の3分野はいずれも、人類の生活に必須であるインフラストラクチャー/ライフライン/住居などを提供するのに中心的な役割を果たしてきました。特に、地震・台風・洪水など自然災害から人々を守ることはやりがいのある仕事であり、実際に、東日本大震災後には多くの受験生が本学科を志願する理由として被災地の復旧・復興を挙げていました。卒業生は、建設会社、建築士事務所、設計コンサルタンツ、国家・地方公務員、教員(工業)など、幅広い規模と専門分野において活躍しています。教授陣においても、卒業後仕事に必要な基礎専門知識の教育はもちろんのこと、例えばAIを利用したモニタリングや微生物の遺伝子操作を用いた水浄化、被災地の復興計画の策定などの研究を通して、社会の多様な問題を解決するのに必要な応用力を身に付けられるよう教育に取り組んでいます。また、コース選択が1年生終了時であるため、1年次の導入科目などを通して自分の将来像を考えてからコース分けに臨めるのも、当学科の強みの一つです。

環境土木コースの
学生から

環境建設工学科3年 
植野 春南さん(宮城県/仙台南高等学校出身)

高校の授業で「虹」について学んだとき、その要因にもなる異常気象や環境問題に興味を持って、この学科を選びました。1年生で数学や物理の基礎的な知識を身に付け、2年生のコース選択では迷わずに環境土木コースを選択しました。入学当時は、将来就きたい職業が漠然としていた私ですが、現在は、環境コンサルタント企業で環境アセスメントの作成に関わる仕事をしたいという夢を持ち、日々勉強しています。

この学科の良いところは、環境・土木の両方を学べることです。他校の環境系学科は、土木も学べるところが少ないため、環境コンサルタントをめざすに当たり、両方の知識を持っていることは、就職の際に大きな強みになります。また、私は計算科目が苦手なのですが、先生に分からないことを聞きに行くと、とても親身に教えてくださいます。先生方の面倒見が良いことも、特色の一つだと思います。

建築コースの
学生から

環境建設工学科4年 
佐藤 光洋さん(宮城県/利府高等学校出身)

2年次に履修した設計の授業では、手書きの製図を基にCGで建物を設計し、模型を作りました。このとき初めて、建物を一から造り上げることにやりがいと魅力を感じ、建築デザインを専門とする櫻井一弥教授のゼミを選択。課題を通し、敷地全体の雰囲気や歴史的背景などをしっかり把握した上でデザインのコンセプトを決めていくことの大切さを学びました。デザインに興味を持つようになってからは個性的なデザインの建物にも目を向けるようになりましたね。建築事務所でのインターンシップを経て、自分のアイデアをかたちにするだけではなく、お客さんと密に接することができる、戸建住宅の意匠設計に携わりたいと思うようになりました。一級建築士の資格取得が目標ではありますが、将来、使う人に幸せを感じていただける建物を造ることができるよう、大学でしっかり知識を身に付けたいと思っています。

※2020年当時の内容です