東北学院大学

工学部 環境建設工学科

環境建設工学科での私、そして未来

漠然としていた世界で
将来のビジョンが
明確になった。

環境建設工学科 4年(建築コース)
葛西 真由さん

宮城県
宮城第一高等学校出身

内定先/清水建設株式会社

インターンシップでの発見

技術の授業や、工作でものを組み立てたりといった、ものづくりに関連することが好きだったので、工学部を志望しました。何をつくろうかと考えたときに思い浮かんだのが建物だったので環境建設工学科を選びましたが、正直何をつくるのかほとんど分かっていなかったということもあり、最初は漠然と授業を受けるだけでした。

環境建設工学科には環境土木コースと建築コースの2コースがあります。関心を持っていたのが建物を造ることだったので建築コースを選びましたが、一から自分で考えてデザインする設計がどうにも苦手で、アイデアを出せる人はすごいなと思っていました。未来へのビジョンが見え始めたのは3年次のインターンシップに参加したとき。マンションの建設現場に実際に赴き、現場を直接見学できる機会をいただいたのですが、そこで施工管理という、現場を指揮する仕事を知り、「これがやりたい!」と思うようになりました。

社寺建築にも携われるように

憧れの社寺建築へ向けて日夜資格取得の勉強に励んでいる。

施工管理の仕事は、建物の設計計画を作り、それに沿って設計図や使用する部材の指示などを行います。現場をリードする立場ということもあり、その達成感は想像に難くありません。多職種との連携も必要になるため、授業で仲間と一緒に協力して取り組んだ模型製作などの経験が活きてくると思います。

建物を造ることに関心を持った理由の一つに、昔から見るのが好きだった日本の伝統的な建造物への憧れがあります。内定をいただいた会社は社寺建築が得意な会社でもあると聞き、自分の好きなものと、学んできたことを活かせる場としてとても魅力的でした。今後は一級建築士の資格を取得し、社寺建築にも携われるよう、知識や技術を磨いていきたいと思っています。

私のできごと

  1. ものづくりが好きだったけれど、学科での学びの内容も将来についてもどこか漠然としていた。

  2. デザイン面に自信がなく、設計は向いていないと思っていたところ、参加したインターンシップで「施工管理」を知る。

  3. 施工管理の仕事なら、昔から好きだった社寺建築に携わることもできるかもしれない!と一気に将来が明確になった。

  4. 思い描いた夢を実現するため、一級建築士の資格取得をめざして勉強中。

※2020年当時の内容です