東北学院大学

資格取得

社会調査士資格
(2011年度入学生より)

Ⅰ 社会調査士資格の認定

東北学院大学教養学部人間科学科では、一般社団法人 社会調査協会が認定する「社会調査士資格」が取得できる。この資格は、学部卒業レベルの公的資格であり、社会調査に関する基礎的な知識・技能、相応の応用力と倫理観を身につけることが要求される。なお、社会調査士に関する詳しい情報は、社会調査協会のHPを見るか、社会学研究室(022-375-1179)まで問い合わせること。

Ⅱ 「社会調査士」の資格取得に必要な履修科目

 「社会調査協会」が認定した各機関標準カリキュラムA~Gに対応した科目を履修し、単位認定を受けることが必要です。

この標準カリキュラムA~Gは、人間科学科のカリキュラムでは、具体的に以下のものを指します(学年配当は表1参照。)

標準カリキュラム種別
A 社会調査の基本的事項に関する科目(90分✕15週) 「社会学基礎論B」
B 調査設計と実施方法に関する科目(90分✕15週) 「社会調査法」
C 基本的な資料とデータの分析に関する科目(90分✕15週) 「 社会統計学A」
D 社会調査に必要な統計学に関する科目(90分×15週✕2科目) 「基礎統計学」
「応用統計学」
E 多変量解析の方法に関する科目(90分✕15週) 「社会統計学B」
F 質的な調査と分析の方法に関する科目(90分✕15週) 開講せず (注1)
G 社会調査を実際に経験し学習する科目(180分×15週✕2科目) 「社会調査実習A」
「社会調査実習B」

(注1) EとFはどちらかひとつ選べばよい。

表1 該当科目一覧
認定科目
種別
該当科目
1年 2年
A科目
社会調査の基本的事項に関する科目
社会学基礎論B
(後期:2単位)
B科目
調査設計と実施方法に関する科目
社会調査法
(前期:2単位)
C科目
基本的な資料とデータ分析に関する科目
社会統計学A
(前期:2単位)
D科目
社会調査に必要な統計学に関する科目
基礎統計学
(前期:2単位)
応用統計学
(後期:2単位)
E科目
多変量解析の方法に関する科目
社会統計学B
(後期:2単位)
F科目
質的な調査と分析の方法に関する科目
開講せず
G科目
社会調査を実際に経験し学習する科目
社会調査実習A**
(前期:2単位)
社会調査実習B**
(後期:2単位)

Ⅲ 申請の費用手続き

正規資格は学部卒業を要件とする。在学中は正規資格ではなく、3年次初めに社会調査士(キャンディデイト)証明書が交付され、就職活動で利用できる。また、キャンディデイト認定審査手数料16,500円、正規資格変更手数料5,500円(注2)が必要。

(注2) 社会調査士(キャンディデイト)から、正規資格に変更する際に必要となります。
社会調査協会ホームページも参照してください。