東北学院大学

2022年度入学者選抜の主な変更点

募集定員の変更について
一般選抜前期A・B日程(複数学科併願方式)の採用と英語資格・検定試験利用選抜の一般選抜前期B日程への統合に伴い、各学部・学科において募集定員を一部変更します。
入試区分・名称の変更について
一般選抜前期A・B日程(複数学科併願方式)の採用に伴い、以下のように変更し、新しい方式を導入します。

入試区分

※全学部型B日程では、英語資格・検定試験公式スコアを持っている受験生は、その換算点と必須試験科目である「英語」の点数を比較して、高得点の方で評価します。

一般選抜前期日程における「併願割引」の導入について
一般選抜前期日程において、1日につき3学科まで併願することができます。2学科目以降の出願については、「併願割引」を導入します。
英語資格・検定試験利用選抜の統合について
これまで2月1日に実施していた英語資格・検定試験利用選抜は、2月2日の全学部型B日程に統合し、英語資格・検定試験公式スコアも利用可能とします。
一般選抜前期日程における「福島会場」の新設について
一般選抜前期日程において、これまで札幌・函館・青森・八戸・盛岡・秋田・山形・鶴岡・郡山・東京の10会場で実施していた地区試験場に、福島会場を新設します。
WEB出願の拡大について
これまで、一般選抜(前期日程・後期日程)、英語資格・検定試験利用選抜、大学入学共通テスト利用選抜(前期・後期)において実施していたWEB出願を、以下の選抜制度に拡大します。これに伴い、冊子体の募集要項は廃止し、WEBにおいて掲載します。
  • 一般選抜・大学入学共通テスト利用選抜 WEB出願(現行通り)
  • 学校推薦型選抜(学業成績、スポーツ、文化活動、資格取得、キリスト者等) WEB出願(新規)
  • 編入学選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜 WEB出願(新規)

※総合型選抜については、これまで通り冊子体での募集要項を配付します。

一般選抜試験科目「化学」の出題範囲変更について
一般選抜試験科目「化学」において、2021年度まで『「高分子化合物の性質と利用」を除く』としていましたが、この制限を廃止します。
学校推薦型選抜資格取得による推薦(公募推薦)の出願資格拡大について
これまで、経営学科の公募推薦の資格取得条件は、日商簿記検定2級以上合格の方のみでしたが、全商簿記検定1級合格の方にも拡大します。ただし、全商簿記検定1級合格の方には、調査書の「外国語(英語)」「国語」「数学」の学習成績の状況(評定平均値)が4.0以上で、かつ全体の学習成績の状況(評定平均値)が4.0以上であることが求められます。
教養学部言語文化学科の大学入学共通テスト利用選抜前期の配点変更について
これまで言語文化学科では、大学共通テスト利用選抜の外国語の配点を250点としていましたが、200点に変更します。これに伴い合計点も650点から600点に変更します。

入試に関する変更の詳細については、大学案内受験ガイド、大学ホームページなどで説明いたします。

また受験生の皆さまにはオープンキャンパス進学相談会などで詳しく説明いたしますが、最終的には各募集要項で確認してください。