東北学院大学

取り組み・活動

TGベーシック
「東北学院大学 
数理・データサイエンス・
AI教育プログラム」

~Society 5.0社会を生きるためにデータの力について考える力を身に付ける~

東北学院大学では、Society5.0時代の到来を踏まえ、社会において次世代のデータとデジタル技術を活用した変革(DX:デジタルトランスフォーメーション)を担う人材を育成するため、表記の教育プログラムを設定いたしました。指定された科目を修得することで、数理・データサイエンス・AIの基礎が身に付きます。本学在学中に下記修了要件を満たした学生には、東北学院大学として本プログラムの修得を認定します。

修了要件

所属する学部、学科にかかわらず、TGベーシック科目群(知的基礎)の中から「統計的思考の基礎(選択必修)」「情報化社会の基礎(選択必修)」の2科目を履修し単位を修得することが修了要件となります。

各科目の講義に含まれる内容は概ね以下のとおりです。詳細は各講義のシラバスをご覧ください。

統計的思考の基礎
統計やデータを正しく理解するための基礎を学ぶことで、データを読む力やデータを扱い説明する力を養成します。
情報化社会の基礎
データ利活用において、社会で起きている変化、社会で活用されているデータ、AIの活用領域とその技術背景、最新動向などについて学びます。

全学共通科目「TGベーシック」の特徴と本教育プログラムとの関係

TGベーシックは、キリスト教について理解を深め豊かな人間性を育む「人間的基礎」科目と、社会生活の中で必要とされる知性を磨く「知的基礎」科目で構成されています。ここで得られた知識は、専門分野にかかわらず社会に出てからも、より良く、より知的に生きるための財産となるものです。例えば、「数理的思考の基礎」「統計的思考の基礎」「科学的思考の基礎」「情報化社会の基礎」などの科目では、さまざまなデータを活用して新たな価値を見いだす「データサイエンス」の素地を身に付けることができます。本教育プログラムでは特にこの中から、「情報化社会の基礎」「統計的思考の基礎」を全学生に修得してほしいと考えています。この講義の修得に必要な前提知識はありません。文系理系の区別もなく、特別な数学の知識も前提とはしておりませんので、安心して履修登録してください。

自己点検・評価の結果について

2021年度(2021年度は全学教育機構会議WGにおいて実施)
項目 出された意見
授業内容・方法、教育効果
  • 授業内容・方法、教育効果については、これまでどおり本学が行う「授業改善のための学生アンケート」などを基に確認を行う必要があるだろう。
シラバスの記載内容の改善
  • シラバスの記載内容の改善については、全学共通開講科目(TGベーシック)ということもあり、科目担当者間の協議の場を設け内容等を精査した上で、全学教育機構会議等で確認するという体制を構築した方が良いだろう。
  • 本プログラムを構成する科目の中で企業等の実データ等を用いた実践的なデータサイエンス教育を実施する必要があると考えている。
  • 実データは、「企業等との協定等に基づき提供されたデータ」である必要があり、現在本学が締結している12件の連携協定のうち、協力いただける自治体や民間企業を選定してはどうか。
全学的な履修者数・履修率向上
  • 全学的な履修者数・履修率向上については、全学共通開講科目(TGベーシック)として開講していること、履修を促すためのページを開設し、履修指導等の際に説明等を行うなど、積極的に学生に働きかける取り組みが必要になるだろう。
教育プログラムの管理運営の責任者
  • 教育プログラムの管理運営の責任者としては、当該教育プログラムが全学共通開講科目(TGベーシック)として開講されることから全学教育機構長とすることが良い。

本教育プログラムの今後の展開

東北学院大学では、本教育プログラムを手始めとして、数理・AI・データサイエンス教育を拡充してゆくことを検討しています。学生のみなさんが将来社会活動を営むにあたって、必要となる新たな知識や経験をどのように醸成していくべきか、履修者の意見に加えて、地域の企業、公共団体、他の教育研究機関における専門家の方々と連携しながら、カリキュラムの充実化をはかります。この取り組みについては今後、ホームページで周知いたします。

責任担当

全学教育機構長(副学長[学務担当]) 
千葉 昭彦